包茎手術1年後の口コミ体験談

包茎手術後1年も経つと・・・

1年もたつと、

「今見ている自分のあそこはもともと包茎ではなかったんじゃないか?」

「あの手術は夢だったんのでは?」

と遠い過去のように懐かくなります。

包茎コンプレックスもありません。

 

当時、付き合っていた彼女とは別れてしまって、今は別の彼女と付き合っていますが、
彼女自身、僕が包茎だったことに気づきません。

東京ノーストクリニックの仕上がり具合は確かなものだと思います。

 

大きく変わったのは、野球の練習が終わった後に、銭湯やスパによく行くようになったことです。

タオルでアソコを隠すこともなく、堂々と友人と行くようになって、半分、趣味のようになっています。笑

 

 

ただ、1年もたつと、不満も出てきます。

ぜいたくな話ですが、「亀頭が小さい」ように思います。。

それで、増大手術というのもあるのでしょうが、むけ男は、包茎手術だけで増大まではしなかったので仕方ありません。

包茎だった期間が長いので、亀頭が刺激されず大きくなる期間を逃したのか、
はたまた関係がないのかはわかりませんが、亀頭が小さく敏感なのは気がかりといえば気がかりです。

でも、こんなことで、悩めるってことは、包茎コンプレックスが解消されたからです。

コンプレックスがなくなってから、性欲は強くなる一方で、
何回でも彼女をイカせてます。僕もイッてしまう間隔が短いですが・・。

 

今までは、包茎であることを彼女が受け入れてくれるのか?

その心配ばかりしてましたが、術後1年もたつと、彼女をもっと気持ちよくしてあげたいという違った欲求が生まれています。

それで、亀頭増大にも興味がわいてきてますが、当時、包茎手術をする前に教えてもらったのは、ヒアルロン酸の注射が、一本5万円くらいするそうで、たしか、2~3本打てるといっていましたので、結構な金額で、普通のサラリーマンには手が出ないかもしれませんね。

東京ノーストクリニックの公式サイト↓

来院は完全予約制。他の人と会うこともなく、そのうえ診察・カウンセリングは無料です